だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

ローカル線で行こう!/真保裕一

◆読んだ本◆
・書名:ローカル線で行こう!
・著者:真保裕一
・定価:1,500円
・出版社:講談社
・発行日:2013/2/12

◆おすすめ度◆
・町(赤字鉄道)おこし小説度:★★★★
・常套的だけど面白い度:★★★
・我が社にもカリスマ・アテンダントを!度:★★★

◆感想◆
廃線の危機にさらされていた、赤字ローカル線のもりはら鉄道。ここに新社長として抜擢されたのは、新幹線のカリスマ・アテンダント・篠宮亜佐美。三十一歳、独身。はたして赤字ローカル線の再生は成るのか…

寂れたローカル線の再生物語。
町おこしや村おこし小説のよくあるパターンを踏襲し、やる気のない社員やあきらめムードの沿線住民の気持ちが、カリスマ・アテンダントのアイデアや仕事への意気込みで、少しずつ改善していく。

一瞬「荻原浩の小説を読んでいるのか?」なんて思ったほど、既視感たっぷりの小説。
それでも読み始めると面白い。
新社長に影響されて社員のやる気がむくむくと出てきたり、経営を揺るがす不穏な事件が発生したり、ちょっとしたロマンスがあったり。
常套的だろうが既視感があろうが、面白いのは面白いんだからしょうがない。

「連鎖」「取引」などの小役人シリーズを手がけただけあって、役人の描き方もさすが。イラッとする程巧みだ。

「経営不振の会社に、是非カリスマ・アテンダントを!」と言いたくなる、夢のような赤字ローカル線再生物語。

荻原浩の「花のさくら通り」は、シャッター通りとなった商店街を再生していく物語。
本書と同じようなシチュエーションで、目新しさや驚きはないが、けっこう面白く読めちゃうから不思議。

◆関連記事◆
『ローカル線で行こう!』真保裕一著 読み出したらノンストップ/MSN産経ニュース
ローカル線で行こう!PRIVATE EYES
花のさくら通り/荻原浩/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/481-40b5f467
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad