だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

シャッター・マウンテン/北林一光

◆読んだ本◆
・書名:シャッター・マウンテン
・著者:北林一光
・定価:1,700円
・出版社:角川書店
・発行日:2013/2/28

◆おすすめ度◆
・サスペンス&ホラー小説度:★★★★
・正統派で由緒正しい展開 度:★★★★
・山荘とホテルに閉じこけられた人々の運命は!?度:★★★

◆感想◆
幽霊を見たという噂話が頻出している北アルプスの漆沢渓谷。不穏な空気が蔓延する中、麓に続く道で土砂崩れが起きる。ホテルと山荘に閉じ込められた登山客たちに、想像を超えた恐ろしい出来事が…

「ファントム・ピークス」「サイレント・ブラッド」という秀作を残して夭折した著者。遺品のワープロから発見、復元されたという本書は、過去の小説と同様、自然の山や動物などをあつかったケレンみのない文章がすばらしい。

目新しさや度肝を抜く展開はないけれど、由緒正しい日本のホラー小説の王道をいくような小説。

かつて見たこともないような動物たちの出現、少女の幽霊を見たという噂話、そしてサスペンスでホラーな展開を煽るような土砂崩れ。
ホテルや山荘に取り残された登山客たちに、そうれはもう恐ろしい出来事が襲いかかる!

「ファントム・ピークス」や「サイレント・ブラッド」は、ややサスペンスに傾いた物語だったけど、本書はホラーに重きを置いた内容に。
ホラー小説ファンにおすすめの一冊です。

「閉ざされたホテル」「ホラー小説」で思い起こすのはS・キングの「シャイニング」だけど、さらに「シャイニング」を連想させるのは本書の装画。
まるでS・キングの本なんである。
と思ったら、S・キングの本の装幀でおなじみの藤田新策とう人の装画。

角川書店の担当者も、「シャイニング」を連想したということかな。

◆関連記事◆
サイレント・ブラッド/北林一光/サイト内
シャイニング /アマゾン

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/484-a63eff1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad