だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

聖痕/筒井康隆

◆読んだ本◆
・書名:聖痕
・著者:筒井康隆
・定価:1,400円
・出版社:新潮社
・発行日:2013/5/30

◆おすすめ度◆
・性器を切り取られた美少年の数奇な半生度:★★★★★
・現代小説にして古典の味わい度:★★★★
・著者の「毒気」はどこにある?度:★★★

◆感想◆
紅顔の美少年葉月貴夫は、その美しさが仇となり、性器を切り取られるというむごい事件を招いてしまうが…

性器を失った主人公はどのように成長するのかという「本来の意味でのゾラ的実験」(実際に性器を切り取られたらどんな性格になるのかは知らないけれど、本書で描かれる人格の形成には納得できる)や、「言葉による触発に古語を用いる」(舞台は昭和から平成なのに、忘れ去られた雅やかな言葉を多用し、文章は古典の味わいにして今風の味付け)といった実験的な小説。

カギ括弧がないのにスラスラ読めちゃう文章や、古典に疎い自分でも脚注を参照しながら読むと何故か雅やかな気分にもなれ楽しめるから不思議だ。

さらに主人公のリビドーがどこに向かうのか、その先には何があるのかといった「本来の意味でのゾラ的実験」も、いかにも著者らしく刺激的。

美しすぎる男女が多く登場し一種性の饗宴めいたくだりと、美食家たちを満足させる数々の美味なる料理の対比。 暴力的で死をイメージさせるような弟や、幼い頃から生気に満ち、妖艶ともいえる艶やかさを持った妹の描き方。

帯にあるように「聖と俗」、「性と美食」を対比させながら、そのすべてを包括してしまう主人公の存在。

著者の小説にある「毒気」を、主人公の弟にありそうと当たりをつけていたのだがハズレ。
他の登場人物たちがもつ毒気も、この世の人が持つ罪障も、すべてまとめて「スケープゴート」に収斂してしまったよう。
恐ろしや、男性の「スケープゴート」
それでいて妹が煌めくように美しいのは、一種の神だから?

実際に性器をとっちゃうとどんな性格になるのか。
宦官がとつに有名だが、どうやら女っぽくなるよう。
あたりまえのような気もするが、違うような気もする。
男らしい性格がなくなる、ってことではないのだろうか。

◆関連記事◆
「ゾラ的実験」の新聞連載小説「聖痕」 筒井康隆さん特集/BOOK asahi.com:朝日新聞社の書評サイト
文体の実験、伴走に感謝 筒井康隆さん「聖痕」を終えて/朝日新聞デジタル
筒井康隆「聖痕」 石崎徹/まがね文学会

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/494-7a696545
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad