だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

丕緒の鳥 十二国記/小野不由美

◆読んだ本◆
・書名:丕緒の鳥 十二国記
・著者:小野不由美
・定価:590円
・出版社:新潮文庫
・発行日:2013/7/1

◆おすすめ度◆
・待ちに待った十二国記の新作短編集度:★★★★★
・世界と対峙する生き方とは度:★★★★
・それは自分にできることを懸命に行うということ度:★★★★

◆感想◆
雑誌に掲載された「丕緒の鳥」「落照の獄」に、書き下ろしの「青条の蘭」「風信」をくわえた短編集。
王が登場する長編とは趣が異なり、市井の人々が厳しい環境や境遇の中、必死に生きようとする姿を描く異世界ファンタジー。

十二国記のシリーズは、ファンタジックで奥の深い舞台設定や、現在の様々な社会問題をも取り込んだ物語としての面白さもさることながら、主人公たちの苦労し、悩み、考え、決断し行動する気概に、いたく心を動かされる。

本書には王こそほとんど登場しない短編のため、長編にあるようなダイナミックな展開は用意されていない。
しかし、荒れた世界で暮らす市井の人々が、堅実に懸命に生きる姿を静謐に描写。
静かに、そして力強い物語となっている。

特に「青条の蘭」と「風信」は、自然の描写がすばらしい。
「里木」や「熊蜂」「燕」を描き出したのシーンで、何故か目頭が熱くなるのは、著者が年齢を重ねて作風が変化したせいなのか、それとも自分が年を取ったせいなのか。

◆関連記事◆
落照の獄 十二国記/小野不由美/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/495-b2ca4f9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad