だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

日本全国もっと津々うりゃうりゃ/宮田珠己

◆読んだ本◆
・書名:日本全国もっと津々うりゃうりゃ
・著者:宮田珠己
・定価:1,500円
・出版社:廣済堂出版
・発行日:2013/8/25

◆おすすめ度◆
・お気楽旅行記度:★★★
・脱力系エッセイ度:★★★★
・異世界を味わえる旅行ほどすばらしい度:★★★★

◆感想◆
「日本全国津々うりゃうりゃ」に続く脱力系旅行記第2弾。

長崎ランタンフェスティバルを見て、布団の中にランタンを詰め込んで眠ってみたいと思ったり、永平寺で座禅体験をし鼻の痒みに苦悶したり、鉄道模型博物館で、あまりの充実度にこたつを置いてお茶でもすすりたいと思ったりの脱力ぶり。

素敵過ぎます、宮田珠己。
「おやさとやかた」とか「簀巻きの禅僧」とか「特大タコ滑り台」とか、目の付けどころが尋常じゃありません。
石好きやシュノーケリング好きの特技も発揮されて、もう好きなことを好きなように熱中する姿勢が横溢。 人生はこうじゃなくっちゃいけません。あくせく働いてるばかりじゃ、人生を楽しめません、と思わせるエッセイ集。

著者のユニークなイラストもいいですが、テレメンテイコ女子の仮面ライダーと娘のアンパンマンも味わいが深過ぎます。

◆関連記事◆
『日本全国もっと津々うりゃうりゃ』宮田珠己/廣済堂よみものWeb
 本文がちょっと読めます。
日本全国津々うりゃうりゃ/宮田珠己/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/499-2d778e88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad