だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

時の“風”に吹かれて/梶尾真治

◆読んだ本◆
・書 名:時の“風”に吹かれて
・著 者:梶尾真治
・出版社:光文社
・定 価:1,600円
・発行日:2006/6/25
     
◆評価◆
・時間SF度:★★★★
・お笑い/とんでもSF度:★★★
・愛・懐古・献身度:★★

◆感想◆
著者らしいロマンチックで詩的な内容の短編集。
中にはウケ狙いのものもあるけど、センチメンタルな短編もあったりして、バラエティーに富んでいる。

表題作の「時の“風”に吹かれて」は、傑作「クロノス・ジョウンターの伝説」を彷佛とさせる短編。自分の琴線にビンビン響いてくる。
結末は期待したほど(期待し過ぎだ)ではなかったが、久々に著者らしいSFを楽しめたなぁ。

「それは無いだろう」といいたくなる爆笑おとぼけSFも、子猫が美少女に見えるというオタクおやじ系SFも、どの短編にもショートショート風のオチまでついているし。嬉しい。
「柴山博士臨界超過!」に一瞬だけ登場する、今を時めく女優にして見事な肢体を持つセックスアピールの権化、その名も「鳩桃そそり」。
そりゃ柴山博士も臨界を超えるっちゅーこっちゃ。

テーマ:感想,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:本・雑誌,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/5-8f4b1aa9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad