だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

黒警/月村了衛

◆読んだ本◆
・書名:黒警
・著者:月村了衛
・定価:1,500円
・出版社:朝日新聞出版
・発行日:2013/9/30

◆おすすめ度◆
・ダークな警察小説度:★★★
・刑事とヤクザの抱えるトラウマ度:★★★
・ざまを見ろなカタルシス度:★★★

◆感想◆
組織犯罪対策部の沢渡と滝本組幹部の波多野。とある事件をきっかけに同じトラウマを抱えるようになった2人が、中国黒社会の組織が起こした事件にかかわるが…

巨大警察組織の中で、その居所や自分の存在意義を見失いつつある沢渡。
やくざとの関係や、中国黒社会の起こした事件、さらに警察内部に潜む「悪」などを盛り込み、最後はちょっと「半沢直樹」なカタルシスの警察小説。

そんなに小難しい展開や複雑な構成ではないので、思ったよりスイスイ読める。
「読んだ後、重苦しい気分になるのもイヤだなあ」なんて心配も無用だ。

「機龍警察」シリーズを心待ちの方は、本書でちょっとストレス解消を。

「機龍警察」ファンの方は

『機龍警察 焼相』(小説新潮 2013年 08月号
『機龍警察 沙弥』(読楽 10月号)

でさらにストレス解消を。

◆関連記事◆
機龍警察 暗黒市場/月村了衛/サイト内
機龍警察 自爆条項/月村了衛/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/500-f72795ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad