だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

書楼弔堂 破暁/京極夏彦

◆読んだ本◆
・書名:書楼弔堂 破暁
・著者:京極夏彦
・定価:1,900円
・出版社:集英社
・発行日:2013/11/30

◆おすすめ度◆
・著名人を通して現れる明治時代度:★★★
・人々の迷いを「本」で解決度:★★★
・偉人の迷い/凡人の悩み度:★★★★

◆感想◆
明治時代、毎日のらりくらりと過ごしていた高遠は、膨大な本を所蔵する書楼弔堂という本屋に巡り会う。いつしか書楼弔堂の常連となった高遠は、不思議な縁で当時の著名人たちと邂逅するが…

「本は一冊あればいい、その一冊に巡り合うために何冊も読むのだ」という書楼弔堂の主人は、訪ねてくる顧客(泉鏡花、井上圓了、ジョン万次郎、勝海舟などの有名な偉人たちだ)に、京極堂ばりの鋭い読みで彼らの抱えている苦悩や迷いを読み取り、一冊の本を薦める。

京極堂が妖怪をモチーフに「憑き物落とし」をするのに対し、書楼弔堂の主人は「本」で迷いを断ち切るというのがユニークで対比的。

「手段こそが目的」とか「皆が進んでいる方向に目的があるとは限らない」とか「信ずることが即ち正しきこととは限らない」とか、理解しやすい言葉で苦悩・迷いのもとをえぐり出して「迷いを断つのはこの本だ」みたいな。

泉鏡花、井上圓了、ジョン万次郎、勝海舟などの有名人の人となりや当時の情勢がが浮かび上がってくる描写も秀逸だし、さもありなんと思わせる彼らの迷いも、現代にてらし合わせても色あせることのない迷いで、共感する人も多いのでは。

とかいっときながら一番自分が共感したのは、難しい本を読んで頭が良くなったような気になってるのが分かってる凡人・高遠だったりします。

個人的に共感する部分も多くあるけれど、全体的に歴史物に疎い自分にはエピソードがもったいなさ過ぎ。

◆関連記事◆
『書楼弔堂 破曉』京極夏彦/集英社
書楼弔堂 破暁 [京極夏彦]/久しぶりに食べたナタデココには根性がなかった

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/507-23f738be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad