だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

天冥の標VII 新世界ハーブC/小川一水

◆読んだ本◆
・書名:天冥の標VII 新世界ハーブC
・著者:小川一水
・定価:760円
・出版社:ハヤカワ文庫
・発行日:2013/12/25

◆おすすめ度◆
・サバイバルSF小説度:★★★★
・ダイナミックで身震いする展開度:★★★★
・どうなる?どうなる!度:★★★★★

◆感想◆
小惑星セレスに墜落した恒星船ジニ号。アイネイア・セアキとミゲラ・マーガス、およびその他の乗員たちはどうなるのか…

という前作「天冥の標 VI 宿怨 PART3」のどうなる?どうなる!な結末を引き継ぐ形で物語は展開。

「天冥の標 VI 宿怨 PART1」でも登場した少年少女たちを主人公にして、《救世群》の侵攻はどこまで進んでいるのか、太陽系艦隊をはじめとした人類の行く末は、といった背景のなか、小惑星セレスという閉ざされた空間でのサバイバルが描写される。

「新世界ハーブC」や「メニー・メニー・シープ」のいわれはそうゆうことだったのか!といった細かなジグソーパズルのピースがピタピタとはまり込んでいくような面白さ。
本書を途中まで読んで「8、9巻はいらないんじゃないか?」という安易な予断を許さないダイナミックな興奮する展開。
収束するであろう「天冥の標 I メニー・メニー・シープ」を第1巻に配置した身震いするような構成。

早く次が読みたいという気持ちと、10巻で終わりなんて許せないという気持ちで揺れる男心。
自分が死ぬ間際に完結するよう100巻ぐらいの大長編にしてほしいところです。

絶体絶命の危機の中、雲の糸のように垂らされた生命線はいったいどこから来たのかは次巻に続くです。

◆関連記事◆
天冥の標 シリーズ/愛書家の縁側
天冥の標VII 新世界ハーブC (ハヤカワ文庫 JA オ 6-21) by 小川一水/基本読書
天冥の標1 メニー・メニー・シープ/小川一水/サイト内
天冥の標2 救世群/小川一水/サイト内
天冥の標3 アウレーリア一統/小川一水/サイト内
天冥の標4 機械じかけの子息たち/小川一水/サイト内
天冥の標5 羊と猿と百掬の銀河/小川一水/サイト内
天冥の標6 宿怨 PART1,2,3/小川一水/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/509-09c64e72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad