だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

星を創る者たち/谷甲州

◆読んだ本◆
・書名:星を創る者たち
・著者:谷甲州
・定価:1,700円
・出版社:河出書房新社
・発行日:2013/9/30

◆おすすめ度◆
・宇宙土木SF小説度:★★★★
・エンジニア魂度:★★★★
・驚愕のラスト度:★★★

◆感想◆
太陽系の惑星で大規模な地下鉄やドームなどを製作する、現場のエンジニアたちを主人公にした宇宙土木SF連作短編小説。

月の地下交通トンネル工事、火星の与圧ドーム建設、水星の射出軌条建設予定地で起きる事故など、月、火星、水星、木星、土星、そして太陽をも舞台にして起きる工事現場での事故や不測の事態。これに対応するエンジニア達の懸命な姿。

いいですね、こういう現場のエンジニア達の活躍。

巻頭作の「コペルニクス隧道」を読んだときには「土木現場や圧送システムをよく調べているなあ」と関心至極。
後半にはいってだんだん政治的な駆け引きなんかも描写されるようになったり、いまいち登場人物に感情移入できない流れがあったりして「それはどうかな」と思いつつも、ラストの表題作「星を創る者たち」の大風呂敷にも驚愕。

土木関係の仕事に就いているSFファンは必読です。

◆関連記事◆
星を創る者たち 谷甲州著 宇宙工事 過酷さへの挑戦/日本経済新聞
星を創る者たち ~土木SF/k-takahashi’s 雑記
谷甲州「NOVA COLLECTION 星を創る者たち」河出書房新社/ちくわぶ
星を創る者たち/せでぃのブログ

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/513-f2ed53e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad