だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

魔法使いと刑事たちの夏/東川篤哉

◆読んだ本◆
・書名:魔法使いと刑事たちの夏
・著者:東川篤哉
・定価:1,400円
・出版社:文藝春秋
・発行日:2014/7/30

◆おすすめ度◆
・ユーモアミステリー小説度:★★★
・コミカルなキャラクターの登場人物たち度:★★
・もっと「八王子」を!度:★★★

◆感想◆
「魔法使いは完全犯罪の夢を見るか?」に続く「魔法使いマリィシリーズ」の第二弾。

キャリアなのにおばかっぽい椿木警部と、彼女に罵倒されることが趣味の変態刑事・小山田聡介と、何故か小山田家の家政婦に収まった魔法使い・マリィが、八王子で起きる事件を解決していく。

魔法を使って事件を解決に導いちゃうという「禁断」の手法は前作同様。
でもミステリーのキモとなる部分はちゃんとミステリーにしているから大丈夫。

登場人物たちのコミカルなキャラクターも前作同様だけれども、トーンダウンしているように感じるのは何でかな。
マリィのいきなりなギャグも物語の中にきちんと取り込まれているけど、ちょっと消化不良のように感じるのは何でかな。

でも暑い夏に消化不良はつきもの。細かいところは気にしない気にしない。
ささっと読める本書は、うだるように暑い夏向きのお気楽ミステリー。

「謎解きはディナーのあとで」の国立度に比べると、「魔法使いマリィシリーズ」の八王子度は明らかに低い。
もっと「八王子」を!

◆関連記事◆
魔法使いは完全犯罪の夢を見るか?/サイト内
謎解きはディナーのあとで/サイト内

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/522-7b5b34e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad