だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

明日の子供たち/有川浩

◆読んだ本◆
・書名:明日の子供たち
・著者:有川浩
・定価:1,600円
・出版社:幻冬舎
・発行日:2014/8/10

◆おすすめ度◆
・児童養護施設を舞台にしたドラマチック小説度:★★★★
・「かわいそう」なんて言われたくない!度:★★★★
・笹谷実咲さんに拍手度:★★★★★

◆感想◆
児童養護施設に転職した三田村慎平は、着任初日から先輩職員からキツい指導を受けてしまう。やや憮然としながらも理想にもえて子供たちに接しようとするが…

児童養護施設で暮らす少年少女や、彼らの世話や指導をする職員たちの想いや葛藤、現実の厳しさや強く優しく生きていこうとする姿を描いたドラマチックな小説。

登場人物たちのキャラクターや児童養護施設の風景など、とっても生き生きとしていてリアル。著者のファンなら納得の描写。
色んなトラブルが起きて、それを物語として感動的に構成する展開も見事。
読者サービスや読みやすさはもちろん、物語に込められた想いを読者に過不足なく届けられる有川浩って、天性の作家のような気がする。

そんな作家にアクションを起こした(と想像させる)笹谷実咲さんに拍手。
そうゆう風に思わせるように書いているだけなんだろうか?

自分が精神的に自立を強いられたのは、就職してからだったような気がする。
児童養護施設で暮らす子供たちに比べ、なんと遅いことやら。
未だに自立していないような気もするが、気がするだけだと思うようにしている。

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/523-6aafa1b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad