だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

猫が足りない/沢村凜

◆読んだ本◆
・書名:猫が足りない
・著者:沢村凜
・定価:1,500円
・出版社:双葉社
・発行日:2014/9/21

◆おすすめ度◆
・猫にまつわる連作ミステリー小説度:★★★
・猫が足りない「ミセス不機嫌」が破天荒キャラ度:★★★
・主人公の知章は悪女に振り回されるタイプ度:★★★

◆感想◆
就職浪人の知章は、「ミセス不機嫌」こと四元さんとスポーツクラブで知り合う。「猫が足りない」と嘆く彼女の周りで、なぜか猫がらみの事件が起きるのだが…

骨太のファンタジックなストーリーが特徴の沢村凜だが、本書はちょっと趣きがかわった、猫がらみの連作ミステリー小説。
読みどころは「ミセス不機嫌」こと四元さんの破天荒なキャラクター。

猫に関する思い入れや行動や人生観が独特な四元さん。
彼女になぜかつきあい振り回される主人公の知章が、かわいそうになるくらい。(彼は悪女に振り回されるつきまとわれるタイプかも)

読み進むうち、次第に事件の規模が大きくなっていくけれど、ラストはなんだかほんわりした雰囲気に。
「ミセス不機嫌」こと四元さんは、猫の性格がオーバーラップしていて、猫好きの男性には魅力的?
この物語の後、主人公の知章は猫を飼いはじめると予想させる「猫が足りない」短編集。

「沢村凛」と「沢村凜」どっちが正解?
それとも別人? (ってことはないよな)

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/526-e59857bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad