だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

サクリファイス/近藤史恵

◆読んだ本◆
・書 名:サクリファイス
・著 者:近藤史恵
・出版社:新潮社
・定 価:1,500円
・発行日:2007/8/30

◆評価◆
・自転車ロードレースミステリー度:★★★
・二転三転する結末度:★★★★
・迫真のロードレース競技度:★★★★

◆感想◆
自転車のロードレースチームに所属する白石。かつては陸上の選手だったが、ただ記録を目指すようなやり方に苦痛を感じていた。そこに巡り会ったのが自転車ロードレース。白石は「アシスト」とう走り方に強い魅力を感じる…

自転車競技のひとつであるロードレースを舞台にしたミステリー。
主人公の白石は自分がトップでゴールすることより、ひたすら走り、与えられた役目を果すことに喜びを感じる。
ロードレースのアシスト役にぴったりのモチベーションの持ち主だ。

誰もが総理大臣にないたいわけではない、ってことね。

この、仲間の為にただひたすら走るという気持ち、多くの読者に共感を得られそうだし、そこがこの小説のポイント。

チームのエースだろうと、それをサポートするアシストだろうと、チーム全体のために走る。そこには、互いの信頼関係が絶対条件だ。

後半の二転三転するミステリー仕掛けの展開は、スポーツマンの矜持を浮びあがらせるような、なかなか感動的な展開。

誰もが誰かのために走っているのだ。かっこいいぞ!

それに比べ、袴田は…
香乃の気持ちも、てんで分からん。
そんなすぐに、好きになるかっちゅうねん。

テーマ:感想,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

FC2Ad