だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

純喫茶『一服堂』の四季/東川篤哉

◆読んだ本◆
・書名:純喫茶『一服堂』の四季
・著者:東川篤哉
・定価:1,450円
・出版社:講談社
・発行日:2014/10/8

◆おすすめ度◆
・ユーモアミステリー小説度:★★
・びっくり仰天のうっちゃり度:★★★★
・「珈琲店タレーランの事件簿」のパロディ度:★★★

◆感想◆
純喫茶『一服堂』の店主・ヨリ子は、超恥ずかしがり屋の人見知り。所見の客にはまともな挨拶もできない彼女が、何故か事件を解決する能力は名探偵そこのけで…

安楽椅子探偵もののユーモア連作ミステリー小説。
「珈琲店タレーランの事件簿」のパロディなんだけれど、「珈琲店タレーランの事件簿」を読んでいないのにおおよそ内容が分かっちゃうからびっくり。

ユーモアもミステリーも、たくさんある著者のシリーズ物と似た雰囲気で、やや物足りない感じ、なんて思って読んでいたらラストの「バラバラ死体と密室の冬」はびっくり仰天のうっちゃりを決められた感じ。
表紙のかわいらしいヨリ子さんのイメージとはほど遠い密室の解決は、「ええい、これでどうだ。文句があるなら自分でユーモアミステリー書いてみろ」的な破れかぶれ?ぶり。

文句ありません。

っていうか、もっと破天荒な解決のユーモアミステリが読んでみたいです、はい。

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/530-df533a13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad