だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

四次元時計は狂わない 21世紀 文明の逆説/立花隆

◆読んだ本◆
・書名:四次元時計は狂わない 21世紀 文明の逆説
・著者:立花隆
・定価:800円
・出版社:文春新書
・発行日:2014/10/20

◆おすすめ度◆
・知的興奮を誘うエッセイ度:★★★★
・やっぱり先端サイエンスが面白びっくり度:★★★★
・元気そうでよかったよかった度:★★★★

◆感想◆
文芸春秋に掲載されていたエッセイ39話。
東日本大震災関連に関するエッセイを始め、政治や経済、文化や歴史と多岐にわたる著者の考えが知的興奮を誘う。

でも何と言っても興味深いのはサイエンスに関するエッセイ。

探査衛星「ケプラー」が、生命体が存在しそうな惑星を数多く見つけそうだとか、
超高精度の時計は、歩行する程度の速度でも相対論効果による時間の変化が分かっちゃうとか、
人間は将来、食物やエネルギーにみならずあらゆる物質を有機合成できるようになるかもしれないとか。

SFのネタになりそうな話題がてんこもり。
著者の語る先端サイエンスは面白びっくりで飽きない。

それにしてもエッセイを書くにあたり様々なところに出かけて、見て触って実感する取材はエネルギッシュ。
見習わないといけないけど、たぶん知りたいことはグーグルに訊いちゃうんだろうな、たぶん。

出雲大社ほどすごい建造物は日本中のどこにもない、なんて話しを聞くと、すぐに見に行く立花隆。
すぐにYuoTubeでみちゃう自分。

ゴキブリは余計だと思う。

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/532-df1385a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad