だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

ナオミとカナコ/奥田英朗

◆読んだ本◆
・書名:ナオミとカナコ
・著者:奥田英朗
・定価:1,700円
・出版社:幻冬舎
・発行日:2014/11/10

◆おすすめ度◆
・スリルとサスペンス小説度:★★★★★
・何故か2人の女性に感情移入度:★★★★
・空前絶後でも大風呂敷でもないのにこの面白さ度:★★★★★

◆感想◆
百貨店の外商部で働く直美。友人の加奈子が風邪をひいたというので直接家を訪ねるが…

直美と加奈子の2人が主役のこの物語、どこにでもありそうな舞台設定で、どこにでもいそうな登場人物たちなのにこの面白さ。
読み始めたら止まらないっ。
2人のドキドキが手に取るように伝わってきて、読んでる方も心臓バクバクになること請け合いのスリルとサスペンス。

大風呂敷を広げたり、度肝を抜く設定を用意したりして読者を惹き付けることなく、これだけ物語にのめり込ませる著者のテクニック。
おまけに、「犯罪者」となる2人の女性を応援したくなるこの気持ち。

中国人の李朱美も男前ないい味出しているし、陽子(加奈子の旦那の妹)が一段とスリスとサスペンスを盛り上げる。
最期の1行まで飽きさせず読ませるこの小説、本年ベスト1級の面白小説だ。

控えめな印象だった加奈子が、後半アグレッシブな性格に変貌?していく様子も見逃せない。
危機を前にすると女性は怖いくらい強くなるのかも。
男性の皆さん、女性には優しくしましょう。

◆関連記事◆
ナオミとカナコ 奥田英朗/季節はずれの読書感想文

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/533-9d2790a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad