だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

槐(エンジュ)/月村了衛

◆読んだ本◆
・書名:槐(エンジュ)
・著者:月村了衛
・定価:1,600円
・出版社:光文社
・発行日:2015/3/20

◆おすすめ度◆
・悪漢小説度:★★★★
・中学生が主人公とは思えない暴力ぶり度:★★★★
・荒唐無稽を吹き飛ばす勢いで一気読み度:★★★★

◆感想◆
中学校野外活動部の7人が訪れたさびれたキャンプ場。引率の教諭2人と宿泊設備の清掃をしている時、銃声のような音が聞こえて…

中学生を主人公にした暴力シーンあり、銃撃戦ありの悪漢小説。
半グレ集団やテロリスト、チャイニーズマフィアも登場し、キャンプ場はブルース・ウィリスが出てきてもおかしくないような戦闘状態。

「荒唐無稽な」という感想が出てきそうな設定と内容なのに、それを吹き飛ばす勢いで一気読みさせる怒濤の展開。

月村了衛、驀進中です。

「槐」は白色の蝶形の花がたくさん咲く樹木。花言葉は「幸福」「上品」だそうです。
槐が味方する方は「幸福」でも、敵対する方は「不幸」のどん底のような。
「槐」の蕾を乾燥させたものは止血作用があるそうです。
槐が味方する方には「止血」でも、敵対する方は「流血」のてんこもりのような。

◆関連記事◆
衝撃的な面白さ!月村了衛「槐 エンジュ」/ミステリーならこれを読め!

テーマ:読書感想文,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:小説・文学,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/537-d3c643a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad