だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

楽園/宮部みゆき

◆読んだ本◆
・書 名:楽園
・著 者:宮部みゆき
・出版社:文芸春秋
・定 価:上1,619円 下1,619円
・発行日:2007/8/10

◆評価◆
・スーパーナチュラルミステリー度:★★★★
・特異な能力により壊れていく/創られる人生度:★★★★★
・事件により壊れ続ける/再生する人生度:★★★★★

◆感想◆
フリーライターの前畑滋子を訪ねて来た萩谷敏子は、事故で亡くなった息子に超能力があったのかどうか調べて欲しいと依頼する。彼女の息子は、ある殺人事件のシーンを警察が捜査する前に絵に描いていたというのだ…

宮部みゆき久々のスーパーナチュラルを扱ったミステリー。
初期の「龍は眠る」(これは傑作!)とかの超能力モノは、今までのような超能力者のスーパーぶりを描くのではなく、彼等の人としての苦悩を描いているところがとても新鮮だった記憶があるが、本書に登場する等という事故死した少年も、心根のやさしい普通の男の子として描かれる。

しかしこの不思議な力を持っている?少年が、すでに死亡しているというところがミソ。そしてもう一人の中心人物も死亡しているし。
物語の中心的登場人物がいないのに、それをどう描くのか。

一種「火車」のような構成で、少年と彼の視た事件、事件を取り巻く人物たちを、ライターの前畑滋子が調査するという展開で、しだいに事件の核心に近付いて行く。

さすがにうまい!
構成や展開は常套的なものだけと、登場人物は活き活きているし、良い人ばっかりだし、ほろっとくるシーンもあるし。
陰惨な事件をカバーするような、心あたたまる登場人物の配置。この辺が著者の持ち味だなあ。

予想したほどスーパーナチュラルな内容ではなかったところが残念ではあるが、あえて事件を背景描写することで対岸にある人の心を描写した、著者らしいミステリーだっ。

テーマ:感想,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:本・雑誌,本,感想,ミステリー

FC2Ad