だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

ビザール・ラヴ・トライアングル/浅倉卓弥

◆読んだ本◆
・書 名:ビザール・ラヴ・トライアングル
・著 者:浅倉卓弥
・出版社:文芸春秋
・定 価:1,429円
・発行日:2007/6/15

◆評価◆
・ほのかな慕情&恋&想い度:★★★
・透明感溢れる文章度:★★
・現実とは繋がっていないどこか/繋がっているどこか度:★★

◆感想◆
ほのかな慕情をテーマにした、透明感とトワイライトな雰囲気の短編集。

子供や恋人や親を想う気持ちが、現実とは繋がっていない場所へと誘う。
ファンタジックで非現実的だけど、どこかで人はそんな情景を求めている、夢のような状態。
主人公達は、胸の内に抱える想いを実現させるように、そんな不思議な世界を垣間見、体験する。

著者と波長の合う、ロマンチックでセンチメンタル好きな方にお薦め。
個人的には最後の標題作が好きだ。
血の繋がっていない娘と、彼女が父親を想うという構図が、ありえないほど理想的だ。

テーマ:感想,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:本・雑誌,本,感想,ミステリー

FC2Ad