だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

沈黙のフライバイ/野尻抱介

◆読んだ本◆
・書 名:沈黙のフライバイ
・著 者:野尻抱介
・出版社:早川文庫
・定 価:600円
・発行日:2007/2/28

◆評価◆
・ハードSF度:★★★
・駆けめくる宇宙への思い度:★★★
・スマートでエネルギッシュでアカデミック度:★★★★

◆感想◆
宇宙への思いや興味を篤く抱く人たちが登場する、ハードSF短編集。

クラークばりの未知との遭遇や軌道エレベータ、火星への植民や大気圏外凧と、斬新さはないがアカデミックでリアルな物語の短編集だ。
もっとダイナミックでエンターテイメントな物語にしてもよさそうだが、そこが著者の持ち味?
そこそこユニークでそこそこ笑える前向きな登場人物達が、とっても日常的。
近未来のドキュメンタリーといった雰囲気さえある。

地味で堅実なSFが好みの方(?)には、ばっちりの小説。
アクションやスペースオペラ風のSFが好きな方には、全然物足りない小説。

テーマ:感想,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:本・雑誌,本,感想,ミステリー

FC2Ad