だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

中庭の出来事/恩田陸

◆読んだ本◆
・書 名:中庭の出来事
・著 者:恩田陸
・出版社:新潮社
・定 価:1,700円
・発行日:2006/11/30

◆評価◆
・劇中劇中劇中劇度:★★★
・交錯する虚構と真実/入れ替る演者と観客度:★★
・深まる謎の行方は!?度:★★★★

◆感想◆
人気脚本家が毒を飲み死亡する。その場にいたのは彼の芝居に出演する女優たち。彼は自殺したのか、それとも殺されたのか…

3つのシーンが交互に語られ展開する構成。芝居のシーンのようでもあり現実のようでもあるドラマチックなストーリーが、入れ子構造になったり劇中劇になっていたりと、手の込んだ作り。

「いったいどれが現実でどれが虚構劇なんだ!」「いったいどうやって物語を着地させるんだ?」と思ったが最期、そこにハマると小説世界から離れられなくなる。
著者の思うつぼ。

ただあんまり穿った読み方をすると、読後に本を壁にぶつけたくなる人もいるかと。
女学生の事故死とその時浮かべていた3つの顔、料理旅館の養女という生い立ちの大女優、そのへんの挿話と本編への絡みを楽しみながら読むのがいいかも。

テーマ:感想,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:本・雑誌,本,感想,ミステリー

FC2Ad