だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

夜は短し歩けよ乙女/森見登美彦

◆読んだ本◆
・書 名:夜は短し歩けよ乙女
・著 者:森見登美彦
・出版社:角川書店
・定 価:1,500円
・発行日:2006/11/30

◆評価◆
・乙女チック恋愛小説「ボーッ」度:★★★★
・キュートなヒロインと奥手なヒーロー「なむなむ」度:★★★
・学園生活の大冒険「韋駄天コタツと偏屈王事件」度:★★★

◆感想◆
京都を舞台にした「黒髪の乙女」と彼女に恋いこがれる「先輩」の恋物語。

繁華街でのちょっと不思議な人々との出合い、李白翁と「黒髪の乙女」の偽電気ブラン飲み比べ、古本を巡っての大勝負、学園生活に愛と冒険の絶えない日はないという連作短編集。

物語はとてもファンタジックでキュート。
文体も古風な趣と軽妙な洒落にとんでいる。
普通の出来事も、とらえ方によってはエキサイティングでエキゾチックな風景になるんだなあと、著者の感性のなせる技かと感心。

しかしなんといっても一番の魅力は、ヒロイン「黒髪の乙女」の元気で好奇心溢れる姿。
無垢で危なっかしい行動が、守ってやりたくなる男心をくすぐりまくる。
ステキだ!

夜は短し歩けよ乙女/森見登美彦の表紙
 

テーマ:感想,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:本・雑誌,本,感想,ミステリー

FC2Ad