だな通信 ミステリー文庫

国内の新刊ミステリー小説を中心とした独断的読書感想。 「面白い本なら何でもOK」というのが信条。 最近は新旧歴史時代小説やエンターテイメント、ライトノベルにも手を伸ばして節操のない状態に。趣味の合う方には参考になるかも。合わない方は評価を反対に見てね。

アイの物語/山本弘

◆読んだ本◆
・書 名:アイの物語
・著 者:山本弘
・出版社:角川書店
・定 価:1,900円
・発行日:2006/5/31

◆評価◆
・ファンタジック&ハードSF度:★★★★
・バーチャルとリアル/AIの芽生えから自律へ度:★★★★
・人間批評/理想郷度:★★★★★
・著者のSFへのリスペクト/無償の愛度:★★★★★

◆感想◆
人口が激減した近未来。一人の青年が美しいアンドロイドに出会う。マシン全体に敵愾心を抱く青年はアンドロイドに挑みかかるが、彼女は「ただ話がしたいだけ」という…

アンドロイドが青年に語り聞かす物語が、7つの短編小説になっているという構成。
はじめの方の短編は、少年少女向けのSFか、心あたたまるファンタジーといった内容。
ところが、読み進めていくうち壮大なドラマがが見えてくる。
これが、なかなか素晴らしい。
著者のもくろみ通りのできばえ。

主題はAIまたはヒトと人工知能の関係。
AIというと、最近では「デカルトの密室」を思い出すが、本書はそれとは全く違ったアプローチ。
人間とAIの関係を、より人間臭く/愛情深く扱っている。

全体的なトーンがスニーカー文庫しているのが、やや残念なところではあるが、それを差し引いても、最後の2編と構成は素晴らしく感動的。
AIの成立ちやヒトとの対比から人間文化の批評まで、年若い読者にもよく理解できるように書かれている。

それになにより、著者のSFに対する深い愛情を感じる。
そこが本書のとっておきの魅力だ。

テーマ:感想,おすすめミステリー小説,本 - ジャンル:本・雑誌,本,感想,ミステリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
https://danatuusinmystery.blog.fc2.com/tb.php/95-d74a67fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad